カーリー・レイ・ジェプセン、同性愛者サポートのために公演をキャンセル

ハリウッドニュース / 2013年3月6日 11時45分

人気歌手のカーリー・レイ・ジェプセン (c)Hollywood News

歌手のカーリー・レイ・ジェプセンが、ボーイスカウト団体「Boy Scouts of America(BSA)」のイベントのコンサートをキャンセルすると発表した。

カーリーは今年7月に行われる同団体のボーイスカウトの野外イベント「2013 National Scout jamboree」でロックバンド「トレイン」と共に公演を行うはずであったが、同団体がゲイやトランスジェンダーの人々の参加を受け入れていないことから、公演をキャンセルすることになった。

カーリーは現地時間5日に自身のツイッターで、「アーティストとしてすべての人々に平等な権利があると信じています。私は今年の夏『Boy Scouts of America Jamboree』には参加しません」とつぶやき、これからもLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)のコミュニティーをサポートしていくと表明した。また、「トレイン」も公演をキャンセルしている。

カーリーと「トレイン」の公演キャンセルを受け、ゲイ&レズビアン同盟GLAADの副代表はゴシップ誌「Usウィークリー」に、「カーリー・レイ・ジェプセンと『トレイン』の決断は、BSAに正しいメッセージを送るだけではなく、LGBTの若い人々に彼らがサポートされ、受け入れられているということを示していることでもあります」とコメントしている。

カーリーの決断は、LGBTのコミュニティーの人々を勇気づけることとなったに違いない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング