第1子を妊娠! クリスティン・ベルの結婚しない“信念”とは?

ハリウッドニュース / 2012年11月6日 10時20分

第1子を妊娠していることが明らかになったクリスティン・ベル (c)Hollywood News

32歳の女優クリスティン・ベルが、婚約者である37歳の俳優ダックス・シェパードとの第1子となる子供を妊娠していることが明らかになった。

ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」や『バーレスク』(10)で知られるクリスティンは来年の春に出産予定のようだ。クリスティンの関係者は「ピープル」誌に、「2人はとても興奮しています。親になるのが待ち遠しいようです。クリスティンは妊娠による吐き気を経験していましたが、今では「House of Lies」(原題)の第2シーズンの撮影を開始しており、とても良い気分のようです」と語った。

クリスティンとダックスは2007年に交際を始め、2010年の2月に婚約をした。婚約をして約3年が経とうとするが、2人はカリフォルニア州での同性愛者の結婚が認められるまで、結婚をしないつもりなのだという。どうやら彼らは結婚が認められていない同性愛者の友達を自分の結婚式に招待することが無礼だと感じているらしいのだ。

カリフォルニア州では、2008年5月に同性結婚が合法化されるも、同年の11月に同性結婚を禁止する「提案8号」が可決され、同性結婚はまたも禁止されることになった。しかし、2012年2月にサンフランシスコ連邦高裁でこの「提案8号」がアメリカの憲法に違反するという判決がされたことから、同性結婚がまた認められる可能性が高くなり、現在は連邦最高裁での最終判決を待っているのである。

クリスティンは結婚よりも先に出産を経験することになるかもしれないが、夫と共に信念を持って生きるということは、生まれて来る子供に多大なる影響を与えるにちがいないだろう。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング