O・ブルームや新メンバー登場!『ホビット』ファンイベント全世界同時開催

ハリウッドニュース / 2013年11月6日 11時5分

全世界同時開催!『ホビット』ファンイベント (C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作でアカデミー史上最11部門受賞を果たした巨匠ピーター・ジャクソン監督が放つ新しい”冒険”の物語。『ホビット 竜に奪われた王国』(2014年2月28日日本公開)の公開に先駆け、日本時間11月5日より、ファン・イベントが世界各国同時に開催された。

本イベントは、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、ニュージーランドのウェリントンの4つ劇場それぞれに、ピーター・ジャクソン監督、オーランド・ブルーム、リチャード・アーミティッジ、エヴァンジェリン・リリー、ルーク・エヴァンス他出演キャストらが登壇。米CNNの人気司会者アンダーソン・クーパーをMCに迎え、各会場を衛星回線で結び、登壇ゲストがファンからのQ&Aに応える他、世界初お披露目となる長尺のフッテージ映像がこのイベントで独占解禁されるというもの。その模様は、ベルギー、ドイツ、スペイン、メキシコ、フランス、イタリア、オーストラリア、カナダの劇場にライブビューイングされ、インターネット上でもライブストリーミングされ、前代未聞の世界規模のファン・イベント企画となった。

イベントは、次回作の撮影の為参加できなかったマーティン・フリーマンの映像から始まった。「この映画は僕にとっても冒険のようでした。ビルボが、ガンダルフが、ドワーフが、そしてホビットが、僕らをどんな冒険に連れて行ってくれるのか、皆さんに見てもらうのが楽しみで仕方ありません。今回は、レゴラスも登場しますし、新しいエルフも登場します。みなさんが、中つ国へ僕らと一緒に戻って来てくれることを願います」。

またファンからの質問コーナーでは、新たなエルフ、タウリエルを演じたエヴァンジェリン・リリーが、「ティンカーベルを参考にした」と語り、10年ぶりに作品に戻って来るオーランド・ブルームは「実はニュージーランドに行って最初にやったことは、レゴラスの衣装を着てみることだったんだ(笑)。まだ着られるのか知りたかったんだ(笑)。だけど、まじめな話、エルフにおける60年なんて、瞬きしたみたいな長さだからね。それに、僕はピーターが、レギー(レゴラス)を再びこの映画に登場させたいと思ってくれたことを本当に光栄に思っているんだ。またブロンドのカツラを付ける機会を与えられたことが本当に嬉しかったし」とエピソードを披露。

ピーター・ジャクソン監督は、これだけキャラクターが増えてしまったことに関して「フィルムメーカーはキャラクターを通して物語を語りたいと思うものだから、物語を語る過程において、キャラクターが発展していくのはむしろ自然な流れだった」と説明した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング