ロバート・ダウニー・Jr.×ロバート・デュヴァル『ジャッジ 裁かれる判事』15年1月公開決定

ハリウッドニュース / 2014年11月6日 12時0分

ロバート・ダウニー・Jr.×ロバート・デュヴァル『ジャッジ 裁かれる判事』 (c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED,WARNERBROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『アイアンマン』シリーズで人気のロバート・ダウニー・Jr.とアカデミー賞受賞俳優のロバート・デュバルが息をもつかせぬ演技バトルで圧倒する、スリリングかつエモーショナルな法廷サスペンス『ジャッジ 裁かれる判事』が、2015年1月より日本公開となることが決定した。

『アイアンマン』シリーズなどで世界規模の人気を得て、フォーブス誌が発表する「最も稼いだ俳優」のトップ1に2年連続で輝いたロバート・ダウニー・Jr.と、『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』などレジェンドとなった作品で知られるアカデミー賞受賞俳優のロバート・デュヴァルが、父子役で初共演。早くも全米ではWロバートによる熱演に主演・助演男優賞の有力候補として呼び声が挙がっている。また、ロバート・ダウニー・Jr.と熱い舌戦を繰り広げる、信念に燃える検事役のビリー・ボブ・ソーントンが、圧巻の演技で魅了する。

ロバート・ダウニー・Jr.が演じるのは真偽よりも勝利にこだわる、やり手弁護士ハンク・パーマー。母の葬儀の為、疎遠になっていた故郷に戻る。しかし、葬儀の翌日、裁判官である父(ロバート・デュバル)に殺人容疑がかけられた。犠牲者は父が以前に裁判を下した人物であった。街で絶大な信頼を寄せる裁判官である父が本当に犯人なのか?ハンクは絶縁状態となっていた父の弁護を名乗りでる事に。父の秘密。そして犠牲者の正体とは。

何が本当で何が嘘か、二転三転するスリリングな展開と、息子であり弁護人でもあるハンクの揺れ動く想いが絡み合いながら、すべての予想を裏切る結末へとたどり着く。そして、その先に見出される親子の絆──本格サスペンスにして胸を打たれる、かつてない法廷エンターテイメントが誕生した。

■『ジャッジ 裁かれる判事』
2015年1月17日(土) 新宿ピカデリー他ロードショー
(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED,WARNERBROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング