サントラ大ヒット!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』昭和の名曲の数々に大興奮

ハリウッドニュース / 2014年9月6日 9時0分

サントラも大評判!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』 (C)2014 Marvel. All Rights Reserved.

全米での公開5週目を迎えた先週末に興行収入は2億7461万ドルに達し、見事2014年全米No.1ムービーに躍り出たマーベル最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(9月13日日本公開)。個性的なキャラクターたちや、ワクワクドキドキの冒険を大スペクタクルで体験できるストーリーはもちろん、本作で使用されている70年代のヒット曲も大きな注目を集めている

大ヒットを記録した『アナと雪の女王』では、「レット・イット・ゴー」をはじめ、「生まれてはじめて」「とびら開けて」など数々の新曲が生み出され、世界中がレリゴー♪旋風に沸いたが、本作で使用されているのは、新曲ではなく、過去私たちを魅力してきた名曲の数々。「ウガチャカ、ウガウガ、ウガチャカ、ウガウガ…」のフレーズが耳から離れないブルー・スウェードの“ウガ・チャカ(フックト・オン・ア・フィーリング)” や、10ccの“愛ゆえに(アイム・ノット・イン・ラブ)”、ジャクソン5の“帰ってほしいの(アイ・ウォント・ユー・バック)”など、キャッチーなナンバーばかり。

宇宙最凶の動く植物、グルートの声を担当した俳優ヴィン・ディーゼルも音楽のよさに心を奪われたようで、「3歳の息子がこの映画を見ていてこの曲が始まったときのことです。彼は自分のいすの端にいて、僕も一緒に観ていました。彼が自分の映画を観に来るのも、そして一緒に観るのもこれが初めてでした。彼は自分のいすの端の方にすぐさま移動し、「Hooked on a feeling, high off believing, that…(君に夢中なんだ、最高の気分さ、君が僕を好きだなんて ※Hooked on a feelingの歌詞の一部)」と歌い始めるんです。彼のこんな様子を見ていて、ただ心が和みました。それで、私たちはこの歌を家で聴いているんです。」と、親子で本作のサントラにハマっているエピソードを披露。

そんな本作のサントラは全米のBillboardチャートでも異例の大ヒット。レリゴー♪の次は街中がウガチャカ♪と歌いだすこと間違いなし! 本作を彩る楽曲の数々にも注目だ。

■『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D/3D全国ロードショー
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング