アッシャーの5歳の息子がプール事故で集中治療室に入院

ハリウッドニュース / 2013年8月7日 10時0分

家族への不運が続くアッシャー (c)Hollywood News

R&B歌手アッシャーの長男である5歳のアッシャー・レイモンド5世君がアメリカ時間8月5日にアトランタの自宅のプールで排水口に挟まれるという事故にあい、集中治療室に運び込まれていたことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、レイモンド君はプールで彼のおばと共に遊んでいた際に、排水口に入ったおもちゃを取ろうとしたのだという。すると彼の腕が排水口に挟まれてしまい、水中で動けなくなってしまったのだ。彼のおばやお手伝いがなんとか助けようとするも彼の腕を排水口から引っ張り出すことはできず、家の中で作業をしていた2人の男性が異変に気づいてプールに飛び込み、ようやく彼を救出したのだという。

レイモンド君はすぐにその場でCPR(心肺蘇生法)を受けて、救急車で病院に運びこまれた。アッシャーは事故が起きた時は自宅にはいなかったが、知らせを聞いてすぐに自宅に駆けつけて、息子と一緒に救急車に乗ったらしい。病院の医師によると、レイモンド君は快方に向かっているようだ。

アッシャーの家族に悲劇が起きたのはこれが初めてではない。彼の義理の息子である当時11歳のカイル・グローヴァー君が2012年7月6日にジョージア州のレニア湖で浮き輪に乗っていたところ、男性が運転するジェット・スキーに頭を衝突されて脳死状態になり、7月21日に生命維持装置を外されて亡くなったのであった。アッシャーはカイル君をとても愛しており、彼のとつぜんの死にうちひしがれていたらしい。

今回の事故ではなんとか息子の命は助かったようだが、アッシャーは家族をまたも襲った不運に心休まることがないだろう。レイモンド君の一刻も早い回復を祈りたい。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング