アマンダ・バインズ、1人でナイトクラブに行って奇行

ハリウッドニュース / 2012年12月7日 15時5分

奇行の原因は何? アマンダ・バインズ (c)Hollywood News

『小悪魔はなぜモテる?!』(10)などの作品で知られる26歳の女優アマンダ・バインズがアメリカ時間12月6日にニューヨークのナイトクラブに1人で行き、そこで奇行を繰り広げていたことが明らかになった。

ゴシップサイト「E!オンライン」によると、アマンダは6日の午前1時45分頃にナイトクラブ「SL」に1人でいるところを目撃されたという。彼女をクラブ内で目撃した女性は同サイトに、「彼女は1人でクラブ内をフラフラしていました。ぼーっとした感じで、そこで知り合った男たちとダンスを踊っていたのです」と語った。女性はアマンダに、「あなたはアマンダ・バインズですか? 写真を撮ってもいいですか?」と聞いたようだが、アマンダは、「私はアマンダではないわ。写真を撮られたくないの」と答えたという。

その後、アマンダは同クラブで知り合ったばかりの人たちと共に、外を歩いている姿が目撃されている。目撃者は、「外でもアマンダは生気のない様子でフラフラと歩いていました。私たちがほかのクラブに行った時には、彼女は1人でピザ屋『Artichoke』のテーブルに座っていました」と話した。

アマンダは今年起こした4件の自動車事故のうち2件の当て逃げで提訴され免停になり、その後さまざまな場所での奇行が目撃されている。どうやら彼女はニューヨークに移住した後も、変わらない様子のようだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング