ジゼル・ブンチェンがスーパーボウルで夫のチームメイトを批判

ハリウッドニュース / 2012年2月7日 16時55分

スーバーボウルで敗者になったトム・ブレイディ選手と妻のジゼル・ブンチェン (c)Hollywood News

ブラジル出身のモデルであるジゼル・ブンチェンが、アメリカ時間2月5日に開催されたNFLの王者を決めるスーパーボウルの試合後に、夫トム・ブレイディ選手が所属するニューイングランド・ペイトリオッツが負けたのをトムのチームメイトのせいにするような発言をし、話題を呼んでいる。

今年のスーパーボウルは、ニューヨーク・ジャイアンツが劇的な逆転勝利で、ペイトリオッツを21-17で下し、4季ぶり4度目の優勝を遂げた。試合終了後、ジゼルは夫のチームが負けたことに対して落胆の表情を見せながら、試合会場であったルーカス・オイル・スタジアムから出ようとしていた。

そこで、ジゼルを見かけたジャイアンツのファンが彼女に対してペイトリオッツをバカにする罵声を浴びせると、彼女は、「ボールをキャッチしなければいけない時に、キャッチしないといけないわ。私の夫はボールを投げて、同時にキャッチすることはできないのよ。彼らがボールを何度も落とすなんて、信じられないわ」と、トムのチームメイトを批判するような発言をしたのだ。

「シカゴ・サンタイムズ」紙によると、どうやらジゼルは、お高くとまっているという理由で、すでにほかのチームメイトの妻たちに嫌われているようだ。トップモデルであるジゼルが嫉妬の対象になっているということもあるだろうが、今回の発言でさらに彼女がほかの妻たちから嫌われる存在になっただろう。

ゴシップサイト「TMZ」が撮影した動画で、ジゼルは、試合後に敗者として記者会見にのぞもうとするトムを抱きしめ、「あなたの人生の中で最高の試合をしたわ。あなたは素晴らしかったわ」と、彼にささやいていた。スポーツ選手の妻である彼女は、チームメイトを批判するほど、夫のチームが負けたことが悔しかったにちがいない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング