ジャスティン・ビーバー、300人ものファンが警備を突破で大混乱

ハリウッドニュース / 2012年6月7日 16時5分

どこに行っても大混乱になるジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが英テレビ番組「Alan Carr’s Summertime Specstacular」のイベントのために英・ロンドンのスタジオにいたところ、約300人ものファンが殺到し、大混乱となったという。

ジャスティンが今月8日にイギリスで放送予定の英テレビ・パーソナリティーのアラン・カーのテレビ番組「Alan Carr’s Summertime Specstacular」のためにロンドンのスタジオにいることを聞きつけた約300人ものファンが、3人のセキュリティーを突破してジャスティンのいるスタジオにまで入ろうとしていたそうだ。

関係者が「ザ・サン」紙に、「本当に恐ろしかったです。彼女たちは10代の女の子でしたが、とてもヒステリックで頭にはたった1つの思いしかありませんでした。ジャスティン・ビーバーに会うことです。大混乱でしたよ」と語った。

テレビ局の責任者たちがあと一歩のところで建物のドアを閉めたので300人ものファンたちがスタジオにまで侵入してくることはなかったそうだ。

大混乱が起きたのはこれが初めてではなく、先日ノルウェーで無料ライブを行うジャスティンに会おうと、多くのファンが押しかけ49人がけがをし、14人が病院に搬送されていた。それにしても、いくら鍛えられた警備員でも300人の女の子を相手にはできなかっただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング