クロエ・モレッツ、主演映画の衣装を自らデザイン

ハリウッドニュース / 2012年5月7日 19時10分

リメイク版『キャリー』で主人公を演じるクロエ・モレッツ (c)Hollywood News

女優のクロエ・モレッツが、主演を務める1976年に公開された『キャリー』のリメイク版の衣装を自らデザインしていることが分かった。

同作は、作家スティーヴン・キングの小説を原作としてブライアン・デ・パルマ監督がメガホンを取った『キャリー』の再映画化であり、超能力を持つ主人公キャリーがいじめっ子たちに復讐するといった内容の作品で、クロエは主役を演じることになっている。

クロエは、卒業パーティーのシーンで主人公が着るドレスのデザインをしており、彼女は「今私が着るドレスを作っている最中で、なんて言うか本当に夢中なの。これほどまでに役にのめり込んだ経験はないわ。やることがたくさんあるの。楽しいけど、やっぱり大変ね」とエンタメ情報サイト「ETonline」のインタビューにてコメントした。

さらにクロエは、演技の影響を受けないようにするためにオリジナル版は見ないようにしているらしく、「デ・パルマ監督の『キャリー』は名作と讃えられているけど正直見たことがないの。オリジナル版は金字塔だけど、それをリメイクできるなんて光栄ね」とも語っている。

ホラー作品でクロエの演技が見られることも楽しみだが、彼女自らがデザインした衣装もぜひとも見てみたいものだ。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング