『X-MEN』最新作14年2月に公開決定! 場面写真も初解禁

ハリウッドニュース / 2013年11月7日 11時5分

『X-MEN:フューチャー&パスト』の場面写真が公開 (C)2014 Twentieth Century Fox.

『X-MEN』シリーズ最新作『X-Men:Days of Future Past(原題)』の邦題が、『X-MEN:フューチャー&パスト』に決定。場面写真が日本初公開となった。ミュータントたちの生存をかけた未来と過去の2つの時間を又にかける壮絶な戦いの幕が開ける。

『ウルヴァリン』シリーズ2作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』『ウルヴァリン:SAMURAI』を含め、これまでの作品『X-メン』『X-MEN2』『X-MEN:ファイナル ディシジョン』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』が、いずれも大ヒットとなっている『X-MEN』シリーズ。全米の興行収入は6作品合計で10億ドルを上回り、全世界では23億ドルに達しようという空前絶後のシリーズだ。そしてシリーズ生誕14年となる2014年、最大の最新作が誕生する。

この超大作のために、超豪華キャストが再結集。さらに新顔も加わった驚異のキャスティングが実現した。ヒュー・ジャックマンをはじめ、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、アンナ・パキン、ショーン・アシュモア、エレン・ペイジ、ダニエル・クドモアが出演、更にジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、そして新たにエヴァン・ピータース、ファン・ビンビンらも加わる。

2013年7月サンディエゴ・コミコンではこれら出演者が一堂に会し、5000人の観客の前に登場。エンターテインメント情報の一大発信基地となっているコミコンの話題を一手にさらった。この超話題作を監督するために、シリーズの1&2作目の監督であるブライアン・シンガーが返り咲きしたことも大きな話題の一つ。さらに脚本には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の監督であるマシュー・ヴォーンも名を連ねている。

2014年映画界にとどまらず、エンターテインメント業界最大の話題となること必至の『X-MEN:フューチャー&パスト』。映画史上類を見ない巨大プロジェクトが誕生する!

■『X-MEN:フューチャー&パスト』
2014年5月、全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C)2014 Twentieth Century Fox.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング