ジャスティン・ビーバー、壁にスプレーペイントをして警察が調査に

ハリウッドニュース / 2013年11月7日 12時0分

人気歌手のジャスティン・ビーバー (c)Imagecollect.

19歳の歌手のジャスティン・ビーバーが、ブラジルのリオデジャネイロの壁にスプレーペイントをしたとして警察に調査されていることが分かった。

ジャスティンは現在ツアー中で、先日リオデジャネイロの壁にスプレーペイントをしている姿を写真に収められた。しかし、それは違法行為で、地元の警察が調査を始めたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。警察はジャスティンが借りているマンションにも行ったそうだが、その時彼はいなかったという。

ブラジルでは建物に落書きするのは違法で、1年間の禁固刑を言い渡される可能性もあるそうだ。ジャスティンに親しい関係者は、ジャスティンは地元の人に勧められたことなので違法であることを知らなかったと訴えていると明かしている。また、ジャスティンは南米コロンビアでもスプレーペイントをしていたそうだ。

ジャスティンはすでにブラジルを離れており、今後、この調査がどんな展開となるか注目されるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング