アマンダ・バインズ、精神病院から退院後にホームレスに

ハリウッドニュース / 2014年11月7日 18時0分

私生活が話題となっているアマンダ・バインズ (c)Imagecollect.

女優のアマンダ・バインズが、精神科を退院後にホームレス状態であることが分かった。

アマンダは先月半ばに、父親に幼い頃から性的な暴行を加えられてきたとツイッターで主張し、その姿を携帯電話で録画して父親を逮捕させたいと明かしていた。アマンダの母はこの事実を否定している。アマンダもその後、父親は性的暴行をしていないが、頭の中に彼の命令でマイクロチップを埋められて、そのマイクロチップがそういう発言をさせたとつぶやいていた。

そして、アマンダはその後に精神科に強制入院させられることになった。アマンダは先月終わりに退院したのだが、家を借りるお金がないため、友人宅を転々としているとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。アマンダの両親は彼女に十分なお金を渡しておらず、1日に50ドル(約5750円)から100ドル(約1万1500円)相当だという。アマンダはウエスト・ハリウッドを歩き回っているそうで、現地時間6日にショッピングモールの「ビバリー・センター」のソファで寝ているところを写真に収められている。

アマンダは現地時間6日にツイッターに「私はホテルのお金を渡されていないから、友人のところに滞在していて、昨晩はよく眠れなかったの。だから、ソファで寝たわ」と投稿。さらに、「私のお金。彼らの人生はみじめよ。彼らに取られた私のお金をコントロールできるように戦うわ!」とつぶやいている。

アマンダは昨年7月にカリフォルニア州のサウザンドオークスで見知らぬ他人の家のドライブウェイで勝手にたき火をし、警察がかけつけ、そのまま精神科に強制入院させられていた。その後の昨年9月から12月までリハビリ施設に入所している。しばらくは落ち着いていたと思われていたアマンダであったが、今年9月に飲酒運転の疑いで逮捕されていた。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング