サシャ・バロン・コーエン、『007』風のパロディー作品に主演へ

ハリウッドニュース / 2012年8月8日 15時40分

映画の宣伝で独裁者の格好をするサシャ・バロン・コーエン、次は『007』風の作品に出演へ (c)Hollywood News

コメディー俳優のサシャ・バロン・コーエンが、人気スパイ映画『007』風のパロディー作品に出演するという。

エンターテインメント情報誌「バラエティ」によると、サシャとフィル・ジョンソン氏が共同で同映画の脚本を務め、ジェームズ・ボンド“もどき”のスパイと間抜けなサッカーのフーリガンの兄弟が引き起こす騒動を描いたという。主人公のスパイはジェームズ・ボンドに似せているものの、ボンドの著作権はイオン・プロダクションとダンジャック社が所有しているため、ボンドそのものとはいかないようである。

同映画のタイトルは未定であるが、製作権をパラマウント・ピクチャーズが数億円で買ったと関係者は語っている。

サシャは5月にアメリカで公開された自身が主演のブラック・コメディー『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(9月7日日本公開)で、全世界興行収入1億6000万ドル(約125億7000万円)を叩き出しており、『007』風のサシャにもかなり期待ができそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング