マーク・ウォールバーグ、マット・デイモンと間違われても問題なし

ハリウッドニュース / 2013年8月8日 18時15分

マット・デイモンだと間違えられてしまったマーク・ウォールバーグ (c)Hollywood News

俳優のマーク・ウォールバーグが、記念撮影を求めてきたファンに俳優のマット・デイモンだと勘違いされるというハプニングが起きていたことが明らかになった。

マークは自身のフェイスブックに、ある黒人女性の携帯電話でのやりとりのキャプチャー画像を掲載した。その画像によると、その女性は友人に「マット・デイモンに会ったわ」というメールと共にマークとの記念撮影のツーショット写真を送っていた。彼女の友人がすぐに本物のマットの顔写真を送り、それがマットではないと伝えると、彼女は、「笑えるわね! 私はマット・デイモンと叫んじゃったわ!」、「彼はまったく私の間違いを訂正しなかったの」とメールを送っていたのである。

マークとマットは共にマサチューセッツ州生まれの42歳であり、アイルランド系アメリカ人の役を演じることが多い。そんな類似点を自分でもわかっているのか、マークはこのキャプチャー画像にただ「十分似てる」というコメントとニッコリマークの絵文字を書いて、余裕を見せていた。

女性にマットと呼ばれてもニコ二コして記念撮影に応じていたマーク。彼がジョークの分かる人間だということを表しているエピソードであった。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング