歌手ダイアナ・ロスがレストランで“ディーバ”な振る舞い

ハリウッドニュース / 2013年1月8日 10時20分

レストランで騒動を起こしたダイアナ・ロス (c)Hollywood News

68歳の歌手であるダイアナ・ロスがアメリカ時間1月3日にビバリーヒルズのレストランで順番待ちをすることを断り、騒動を起こしていたことが明らかになった。

「ニューヨーク・ポスト」紙によると、ダイアナは人気イタリア料理レストラン「ラ・スカラ」で娘と待ち合わせをしてランチを食べるつもりだったようだ。しかし、予約を入れていない客は来る予定の人全員がそろうまでテーブルへ案内されないという同レストランのポリシーがあったために、娘よりも先に来てしまったダイアナは待つようにと言われたらしい。しかし、彼女はそれを断り、隅にあるテーブルに勝手に座ったのだという。

同レストランのマネージャーはダイアナに店のポリシーを説明し、それに従ってくれないとサービスを提供することはできないと言ったようだが、聞く耳を持たなかった彼女はそれを無視したのである。結局、ダイアナと後に来た娘は同レストランで食事をすることができずに、激怒して店を出たようだ。

同レストランのオーナーであるジジ・レオン氏は同紙に、「私たちはお客様を平等に扱います。有名か有名ではないかは関係ないのです。私たちはロスさんをお客様として迎えたいので、また戻って来ていただければ幸いです」とコメントを残した。

「Stop! In the Name of Love」やスプリームス時代の「恋はあせらず」など、数々のヒット曲を生み出したダイアナは、68歳となった今でもわがままなディーバらしさを残しており、まだまだ健在のようである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング