ナオミ・キャンベルが大けが、パリの強盗事件について言及

ハリウッドニュース / 2013年1月9日 19時5分

強盗事件の約1か月前のナオミ・キャンベル (c)Hollywood News

モデルのナオミ・キャンベルが、昨年11月にフランスのパリで2人組の強盗に襲われて大けがを負っていたことが発覚し、自身の状態についてコメントした。

ナオミは車に乗り込もうとした際にバイクに乗った2人組の強盗に襲われ、バッグを盗まれていたことが先日明らかになった。彼女は左脚の靱帯に大けがを負い、車イスで生活をしていた。

そんな恐ろしい出来事に巻き込まれたナオミは事件から約1か月半が経った現地時間7日、自身のモデルコンテスト番組「The Face」(原題)の記者会見で、「私はひざにけがを負いました。回復に向かっています。現在は(事件の)調査中なので、これ以上のことは話すことができません」とコメントした。現在は歩行が可能になるまで回復している。

ナオミの足は回復に向かっていて安心ではあるが、きっと彼女の心の傷はかなり深いだろう。一体誰の仕業なのか、今後の調査の結果を待ちたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング