レディー・ガガ、コンサート中に何度も嘔吐

ハリウッドニュース / 2012年10月9日 10時50分

多忙のレディー・ガガ (c)Hollywood News

歌手のレディー・ガガが、現地時間6日スペインのバルセロナで行われたコンサート中に何度も嘔吐したことが話題となっている。

ガガは、自身のヒット曲「Edge of Glory」を歌いながら舞台の階段をおりて後ろを向きながらダンスをし、その動きに合わせながら嘔吐した。さらに男性ダンサーと合流し、また後ろを向いて嘔吐。そして、そのまま何もなかったかのようにパフォーマンスを続け、男性ダンサーが観客の方を向きながらダンスし、ガガは彼に背を向けてダンスを披露、そしてまた観客に見えないように嘔吐した。ほとんどの観客はガガが数十秒の間に3回も嘔吐したことに気づかなかっただろう。

しかし、ガガのその嘔吐している動画が、動画サイトYouTubeにアップされた。ガガはツイッターにその動画のリンクを自ら載せ、「誰も見なかったことを祈ってたんだけど、笑いたい人はかなり笑えるわよ」とつぶやいた。また、関係者はゴシップサイト「TMZ」にガガがインフルエンザと闘っていたことを明かし、彼女はショーをキャンセルしたくなかったと話している。現在は回復したそうだ。

先月、歌手のジャスティン・ビーバーがコンサート中にステージの上で嘔吐し、その動画が話題となっていた。また、今回のガガの嘔吐の映像と比べられ、ガガは観客に気づかれないように嘔吐していたことから、ジャスティンよりも吐き方が上手だとネット上でほめられている。

ガガは嘔吐している動画がアップされても、自らそれを広めてポジティブにとらえている。彼女のプロ根性はもちろんのことだが、それをネガティブに受け止めない彼女にも人々は感心しただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング