レニー・クラヴィッツ、大ヒット映画『ハンガー・ゲーム』に出演

ハリウッドニュース / 2012年4月10日 12時0分

主人公の心の支えとなるキャラクター“シナ”を演じるレニー・クラヴィッツ (C) 2012 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

公開からわずか10日間で2億5000万ドル(約200億円)を稼ぎ出し、爆発的なヒットを記録している『ハンガー・ゲーム』が今秋に日本公開される。

本作は、日本で映画化もされた小説「バトル・ロワイアル」から影響を受け、若者たちが生き残りをかけて殺し合いをするというストーリーだ。

そんな過激な作品に、現在14年ぶりの単独来日公演を繰り広げているグラミー賞受賞アーティストのレニー・クラヴィッツも出演している。

今作でレニーは、ジェニファー・ローレンス演じる主人公カットニスの心の支えとなる専属スタイリスト“シナ”役を演じている。

レニーは自身のキャラクターについて、「シナはカットニスに、この(殺し合いの)ゲームが全国でテレビ中継されている間、スポンサーを獲得するために視聴者に上手くアピールする方法を彼女に教えるんだ。おそらく彼は人としてのカットニスに惚れ込んで、ひとりの人間として彼女を助けてやりたいと思ったんだろうね」と語っている。

過去にはアカデミー賞脚色賞・助演女優賞を受賞した映画『プレシャス』(09)でも、“俳優”として印象的だったレニー。彼の演技が劇中でどのような印象をもたらしているのか、日本のファンは首を長くして待っていよう。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング