ジョシュ・ブローリン、元旦の逮捕写真は「最悪」だと語る

ハリウッドニュース / 2013年1月10日 11時40分

ジョシュ・ブローリン、逮捕時のマグショット (c)Hollywood News

『メン・イン・ブラック3』(12)の俳優ジョシュ・ブローリンが、元旦に公共の場で泥酔状態のところを逮捕されたことについて心境を語った。

ジョシュはカリフォルニア州サンタモニカにて公共の場所で泥酔したという違反行為により逮捕された後に、4時間拘置所に入れられ、250ドル(約2万2000円)の保釈金を支払って釈放されていた。ジョシュは友人たちとたのしく新年を過ごしていた時に逮捕される事態になったようだが、今後裁判所などに出廷はしなくてもいいという。

そんなジョシュは現地時間9日、トーク番組「グッドモーニング・アメリカ」に出演し、逮捕のことについて「僕1人が外にいて、彼ら(警察官)が『ヘイ、あそこにジョシュがいるぞ。捕まえよう』ってなったのさ。わかるだろう、元旦だから。かなり他愛もないことをしていたんだ。たのしんでいただけだよ」と語った。

さらに最悪なのは逮捕された時に撮られたマグショットだそうで、彼は怒った顔をしながら「最悪なのは僕がこんな顔をしている写真が見られることだよ」「彼ら(警察側)は僕が満面の笑みで写っている写真は公開しないんだよ。まぁ、何でもいいけどさ。だけど、実際に(警察官は)とても僕に優しかったよ」と明らかにしている。

ジョシュのそのマグショットは瞬く間にインターネット上で広がり、多くの人々に見られてしまった。彼にとってこの最悪な元旦は一生忘れられない出来事になったのかもしれない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング