ジャスティン・ビーバー来日ファンイベント・レポート(2)

ハリウッドニュース / 2012年7月10日 23時55分

ファンミーティングで熱唱したジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーがニュー・アルバム「ビリーヴ」のプロモーションのため来日し、7月10日に都内某所にてファンミーティングを実施した。

白熱のライブを終え、トークへ移行。今作が30か国以上でナンバーワンを獲得していることについて感想を聞かれると、ジャスティンは「本当に光栄です。皆さんがビリーバーだから、僕のことを信じてくれているから、応援してくれているからだと分かっています」と感謝の意を述べた。そして、「18歳になったからね(笑)。素晴らしいアーティストと思える人たちとコラボできたのはすごくうれしかったですね」とアルバム制作で得た経験を語った。

アルバム・タイトルにもなっている“信じること”については、「夢を抱いていたら、強く信じていれば叶うものだと思っています。“Never Say Never”を聞きたいかな?」と言うと、ヒット曲の「Never Say Never」をアカペラで披露。ファンもそろって大合唱になった。

さらに、「信じれば叶う」企画で当選者の中から選ばれた3人のビリーバーがステージ上にあがり、質問タイムに。

「理想のガールフレンドは?」という問いに、ジャスティンは「良いガールフレンドっていうのは、気遣いや優しさがあって、僕の忙しいスケジュールを理解してくれる人かな」と一般論を答える。ファンからは「セレーナ(・ゴメス)は?」というツッコミが。

続く2人目の質問者に「オハヨウゴザイマス」と丁寧にあいさつ。「日本の女の子の印象は?」という問いには、「素晴らしいし、美しいし、声が大きいね」と答えた。

「日本や東京をドライブしたいところは?」という問いには、「今晩、スシを食べに行きたいですね。どこかオススメありますか?」と答え、3人目の質問者は「I recommend Sushiro.」という、なんともナイスな返答をしていた。

最後にオフィシャル写真撮影、ジャスティン自身のケータイ撮影でも盛り上がり、ビリーバーたちは約50分間に及ぶ夢の時間を存分に楽しんだ様子だった。【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング