大人になったクロエ・モレッツがキスシーン4連発! オンライン限定予告

ハリウッドニュース / 2014年10月10日 12時45分

_DSC0979.NEF

全世界34か国を涙で包んだベストセラー小説「ミアの選択」を映画化した感動のドラマ作品『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』が、10月11日(土)に日本公開となる。この度クロエ・グレース・モレッツが演じた主人公ミアのキス4シーンを含むオンライン限定予告が解禁となった。

主人公ミアは、交通事故で家族を一度に失い、彼女自身も昏睡状態にある。そんな状況のなか、思い出されるのはこれまで生きてきた17年の人生。そして、そうとは気づかずに手にしていた、たくさんの幸せ。でも、溢れるばかりの愛情を注いでくれた両親も、可愛くて仕方がなかった小さな弟も、この世にはもういない。生きていくには、あまりにも辛すぎる現実だった・・・。到着した映像にもあるように「パパもママもいないのにどうやって生きていけばいいの?」「アダムをおいてどうやって去れば良いの?」とミアは過酷な二者択一を迫られる。とどまるべきか、去るべきなのか。この一日に下す選択で、ミアの一生が決まるのだ。

本作には、映像にもあるように心を酔わすラブストーリーだけでなく、昏睡状態に陥ったミアの迷いを見つめるドラマがある。それはそのまま見る人の人生に重なり、死を選ぼうとしている彼女に掛けられる言葉の一つ一つ、想いの一つ一つが自分のことのように胸を打つ。「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターと雑誌編集に密着した『ファッションが教えてくれること』などのドキュメンタリー作品で映画賞に輝いたR・J・カトラー監督は「ストーリーの根本にある“自分とは自分が大切に思う相手である”というメッセージに心を打たれた。この作品は“人生の真実”を探る旅に連れ出してくれる。その真実とは“運命が人の一生を決められるなら、愛にもその力がある。そして、愛を理由に選んだことはすべてを変える力がある”ということなんだ」と明かす。家族愛、恋愛、夢を追いかける自分に対する愛・・・愛をめぐるミアの葛藤に身につまされることだろう。

■『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』
10月11日(土) 新宿バルト9 梅田ブルク7 他ロードショー
(c) 2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング