J・ハドソン、『ドリームガールズ』のために唇を厚くしていた

ハリウッドニュース / 2012年9月10日 13時45分

ジェニファー・ハドソン、役のために唇にプチ整形 (c)Hollywood News

映画『ドリームガールズ』(06)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンが、同映画の役のために唇を厚くする注射を打っていたと明かした。

ジェニファーはトーク番組「オプラズ・ネクスト・チャプター」で、「私が『ドリームガールズ』に出演する時に、私は唇を厚くする注射を打たなくてはいけなかったの。それが照明に影響するから」と明かした。

さらに「医者は『注射をしたくないよ。君の今ある唇のようになるためにたくさんの人がここに来て金をかけているんだよ?』って言ったの。だから私は『私もいやよ。でも、映画のためにやらなきゃ!』って言ったわ」と話している。

ジェニファーのアカデミー賞を受賞するまでの道のりは、唇に注射を受ける覚悟があるところから始まっていたようだ。反対した医者も彼女が受賞したことを喜んでいただろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング