パメラ・アンダーソン、3000万円の税金未納が発覚

ハリウッドニュース / 2012年12月11日 9時30分

パメラ・アンダーソン、税金未納が発覚 (c)Hollywood News

モデル・女優のパメラ・アンダーソンが、37万1514ドル65セント(約3000万円)の税金未納があることが発覚した。

パメラはアメリカ合衆国内国歳入庁に2011年の25万9395ドル75セント(約2100万円)、カリフォルニア州に2011年の11万2118ドル90セント(約900万円)の税金を支払う義務があり、2種類の税金の未納があるとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。

パメラにとって税金の問題はこれが初めてではなく、2009年に170万ドル(約1億3900万円)の税金未納が発覚し、当時は税金滞納者トップ500のリストに載ってしまっていた。

パメラは近年、有名人のダンスコンテスト番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」で出場者として出演している。もし、来年も出場することになるならば、未納額の返済のために賞金獲得に向けて頑張った方が良さそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング