ヒラリー・ダフの愛犬チワワが脳手術を受けて順調に回復

ハリウッドニュース / 2012年2月11日 14時20分

愛犬の心配をしていた妊娠中のヒラリー・ダフ (c)Hollywood News

女優・歌手のヒラリー・ダフの愛犬であるチワワのローラちゃんが、脳手術を受け、その後順調に回復していることが明らかになった。

25歳のヒラリーは昨年の12月にローラちゃんが治療を受けていた動物病院の前で泣いているところを目撃されていた。彼女はそれと同時期に、「私の子犬のローラのためにどうか祈ってください。彼女はあと30分後に手術を受けるのです」と自身のツイッターに書いていた。

たくさんのファンを心配させたローラちゃんだったが、手術後の経過は順調のようだ。ヒラリーはアメリカ時間2月8日にツイッターに、「ローラはひどいけいれんを起こしていました。脳から液体を出す手術をして、今ではとても良くなっています」と書きこみ、ローラちゃんの状態を心配するファンを安心させた。

ヒラリーはアイスホッケー選手である夫マイク・コムリーとの間の第1子を妊娠しており、2月に出産予定である。どうやらヒラリーは、これから生まれて来る子供をローラちゃんと遊ばせることができそうだ。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング