ジャスティン・ビーバーが奇行? ガスマスクを付けている理由とは?

ハリウッドニュース / 2013年3月11日 10時0分

ロンドンに滞在中のジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、最近ガスマスクを付けて歩いているところが目撃されたが、それは人々を困惑させるためだったそうだ。

ジャスティンは、先月末にイギリスのロンドンで顔をすべて覆う黒いガスマスクを付けて買い物をしているところが目撃された。そして、今月6日にまた同じガスマスクをつけてロンドンのレストランから出てくるところが目撃されたのである。パパラッチから隠れるどころか、とても目立つガスマスク姿はジャスティンの“奇行”であると話題になっていた。

この“奇行”について関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に、「ロンドンでガスマスクを付けているのはジャスティンと友人たちとのジョークです。でも、人々はかなりシリアスにとらえるようになりましたね」「ジャスティンの親しい友人である(ソングライターの)ジュリアン・キーズもガスマスクをつけて、ジャスティンのふりをしていました。彼らは同じ身長なので、人々を混乱させるためだったのです」と語っている。

また、「彼の友人みんながジョークとしてガスマスクをつけて、パパラッチを困惑させようとしていたのです」と話している。

いつも人々に追いかけられているジャスティン。きっと友人たちとおもしろい方法で人々から隠れることを考えたかったのだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング