リア・ミシェル、授賞式で涙の感動のスピーチ

ハリウッドニュース / 2013年8月12日 13時15分

人気女優のリア・ミシェル (c)Hollywood News

女優のリア・ミシェルが、現地時間11日に行われた「2013 ティーン・チョイス・アワード」で泣きながら受賞のスピーチをした。

リアは、人気テレビドラマ「glee(グリー)」の共演者で共に大ブレイクしたコーリー・モンテースさんと私生活でも交際していたが、コーリーさんが先月13日にカナダのホテルで31歳という若さで亡くなっているのが発見された。原因はヘロインとアルコールを一緒に摂取したことからだと発表されている。

それから初めて公のイベントに参加したリアは、同授賞式でコメディー部門のチョイス・テレビ女優賞を受賞した。リアは観客に向かって涙ぐみながら、「ありがとう、みんな。ありがとう。私は今日ここで、個人的にみんなに感謝を伝えたかったし、この苦しい数週間どれだけみんなの愛やサポートが私にとって意味のあるものだったか伝えたかったの。疑っていたことなんてないけれど、あなたたちは間違いなく世界で最も素晴らしいファンだわ」と語った。

さらに「この賞をコーリーに捧げたいわ」と涙ながらに言い、「私のようにコーリーを愛し、尊敬していたすべての人々のために、あなたたちの愛と共に一緒に乗り越えることを約束します。彼は私にとってとても特別な存在で、それは世界にとっても同じでした。私たちは彼の素晴らしい才能や彼のハンサムな笑顔、彼の美しい、美しい心を見ることができてとても幸運でした」「あなたたちが彼を個人的に知っていたとしても、フィン・ハドソンとして知っていたとしても、彼は私たちの心の一部になりました。彼はそこに永遠に生き続けます。だから、みんな本当にありがとう。ありがとう」と感動のスピーチをした。

同ドラマはほかにコメディー部門のチョイス・テレビ番組なども受賞している。

リアのスピーチに多くの人々が感動し、涙しただろう。彼女の強く生きる姿勢は人々に勇気を与えているに違いない。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング