ランディ・ジャクソン、「アメリカン・アイドル」の審査員を続投

ハリウッドニュース / 2012年9月12日 14時5分

「アメリカン・アイドル」の審査員を務めるランディ・ジャクソン (c)Hollywood News

人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の審査員を長年務めてきたランディ・ジャクソンが、シーズン12も審査員を続投することが分かった。

ランディは、シーズン12では審査員としてではなく、教育係として同番組に残ると言われ、また、歌手のジェニファー・ロペスと「エアロスミス」のスティーヴン・タイラーが審査員を降板すると表明したことから審査員が全員変わるものと見られていた。

番組側はスペイン人歌手のエンリケ・イグレシアスを審査員として起用しようとしたが、上手くいかず、ランディに続投してもらうことにしたゴシップサイト「レーダー・オンライン」は伝えている。

長年同番組の審査員を務め、現在はオーディション番組「Xファクター」のプロデューサーと審査員を務めるサイモン・コーウェルは自身のツイッターで、「ランディがアイドルに戻ると聞いたよ。正しい決断だね」とつぶやいた。

現在ほかの審査員には歌手のマライア・キャリーが決まっており、キース・アーバンとニッキー・ミナージュがほぼ決定していて、同番組史上初の4人の審査員でシーズン12の幕を開けるものと見られている。来年の1月から放送が開始される予定だ。

番組側にとっても番組のファンにとってもランディの存在は大きいだろう。シーズン12でもランディ節が見られるのがたのしみだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング