リンジー・ローハンがピンチ! 警官に嘘の供述で保護観察処分を取り消される

ハリウッドニュース / 2012年12月13日 9時30分

リンジー・ローハン、禁固刑になる可能性? (c)Hollywood News

女優のリンジー・ローハンが現地時間12日、保護観察処分を取り消された。

リンジーは今年6月にサンタモニカで交通事故を起こし、アシスタントが運転していたために自分は悪くないと主張した。しかし、複数の目撃者によって彼女が危険な運転をしていたことが分かったため、警察官に嘘の供述をしたことが明らかになったのである。リンジーは昨年1月にネックレスを盗んだ罪で2014年5月24日まで監察下に置かれていたため、裁判所でこの保護観察処分の取り消しが言い渡されたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。リンジーはこの日裁判所に出廷はしていない。

今回、保護観察処分が取り消されたことにより、リンジーは保護観察違反の行為をしたかが来年1月15日に裁判で問われることになる。違反行為が認められれば、リンジーは245日間の禁固刑となる可能性もあるというのだ。

リンジーは今年女優として復帰し、自身のキャリアにとって大切な時期にある。彼女は新年早々緊張した気持ちで迎えることになりそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング