レディー・ガガ、歩けないほどのけがで公演延期

ハリウッドニュース / 2013年2月13日 10時55分

「Born This Way Ball」のツアーで公演中のレディー・ガガ (c)Hollywood News

歌手のレディー・ガガが、歩けないほどのけがで公演を延期することを明らかにした。

現在「Born This Way Ball」のツアー中のガガは現地時間12日、自身のフェイスブックページに、「私のことと『Born This Way Ball』のことで、残念なお知らせがあります。本当にごめんなさい。なんて言ったらいいか分からないわ。私はショーでのけがのこと、慢性的な痛みがあることを今まで隠してきたの。先月、それが悪化してしまったわ。私は良くなることを祈っていたの。スタッフにも隠してきたわ。私の素晴らしいファンをガッカリさせたくなかったの。でも、昨晩のパフォーマンスで、私は歩くことができなくなってしまって、今でも歩けないの」と綴った。

さらに続けて、「シカゴ、デトロイト、ハミルトンのファンのみんなへ、私は自分を許せないけれど、みんなが許してくれることを願っているわ。本当に悲劇で悲しいの。できるかぎり早く治ってくれるといいのだけど。こんなの嫌だもの。本当に。みんな、愛しているわ。そしてごめんなさい」とコメントした。ガガは現地時間13日と14日にシカゴで、16日にデトロイトで、17日にハミルトンで公演を行う予定であった。

ガガは自身のツイッターに公演のキャンセルは関節の炎症による滑膜炎(かつまくえん)であると説明しており、医者からドクターストップがかかったと明らかにしている。

大切なファンのためにガガは誰にも言わずにこれまで痛みを我慢して公演を行ってきたようだ。ガガのけがが1日でも早く治ることをファンは願っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング