ジャスティン・ビーバー、ファンの絶叫によって耳に障害を負った女性から訴えられる

ハリウッドニュース / 2012年7月13日 12時15分

世界中に多くのファンを持つスティン・ビーバー (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、彼のコンサートに行った時にファンの叫び声によって耳に障害を負ったという女性に損害賠償として923万ドル(約7億3200万円)を要求されている。

ゴシップサイト「TMZ」によると、2年前にアメリカのポートランドで行われたコンサートに、娘と一緒に行ったというステイシー・ウィルソン・ベッツさんは、ファンのあまりにも大きい叫び声によって致命的なダメージを耳に負い、それによって引き起こされた耳鳴りのために眠りにつくことが困難になったと主張している。

検察官の書類によると、ジャスティンは観客の上空をゴンドラに乗って登場し、彼が手を振るたびにアリーナのファンに“爆発的な絶叫”を引き起こしていたと記録されている。

このコンサートにいたステイシーさんは両耳に障害を負い、ジャスティンのレコード会社とコンサートの開催側に同額の損害賠償を要求する訴えを起こしている。

ジャスティンのファンの叫び声は彼への思いを表すかのように大きく、それが1つの場所に大勢となればなおさら大きな叫び声となっていただろう。それによって耳に障害を負ったことがジャスティンの責任になるかは分からないが、どこに行っても絶叫を聞いているジャスティンの耳も心配である。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング