L・ローハン、事故車からアルコールが入ったペットボトルが見つかる

ハリウッドニュース / 2012年6月13日 10時15分

車が大破するほどの激しい衝突事故を起こしたリンジー・ローハン (c)Hollywood News

女優のリンジー・ローハンが交通事故を起こして大破させたポルシェから、アルコールの入ったペットボトルが見つかったことが明らかになった。

リンジーはアメリカ時間6月8日にサンタモニカのハイウェイで、自分が運転していた黒のポルシェを大型トラックの後部に衝突させた。彼女の関係者が事故について黙ってもらうためにトラックの運転手を買収しようとしていたと報道されていたが、さらに新たな事実が明らかになった。

なんと、リンジーの車から、アルコールの入ったペットボトルが見つかったのだ。そのペットボトルのふたはすでに開けられていたことから、これはアメリカの「Open Container Law」という法律に引っかかることになる。「Open Container Law」とは、飲酒運転を防ぐ目的で定められた、車の中で開封したアルコールの入った容器を保有することを禁じる法律なのだ。

しかし、今回のリンジーはラッキーだった。警官はこのアルコールの入ったペットボトルを車のトランクから発見したのだ。車のトランクにアルコールの入った容器を入れておくのは、たとえそれが開封されていても、問題にはならないのである。さらに、リンジーからはアルコールが検知されなかったことから、彼女はこの件ではおとがめなしになったのだ。

リンジーの関係者が機転を利かして、事故の直後に、このアルコールの入ったボトルをトランクに入れた可能性があるとささやかれている。危機一髪でピンチから逃れたリンジーだが、綱渡りをするような危ういライフスタイルから早く抜け出すべきなのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング