ディカプリオ、J・ビーバーをカンヌのパーティで冷たくあしらう?

ハリウッドニュース / 2014年6月13日 18時0分

J・ビーバーは嫌い? 俳優のレオナルド・ディカプリオ (c)Imagecollect.

俳優のレオナルド・ディカプリオが、カンヌのパーティーで歌手のジャスティン・ビーバーと顔を合わせていたようだ。

ジャスティンは今月中旬にフランスで行われたカンヌ国際映画祭に出席。現地で行われたパーティーでジャスティンは、パリス・ヒルトンとイチャイチャしている様子を目撃されたり、VICTORIA’S SECRET[ヴィクトリアズ・シークレット]のモデルのアドリアナ・リマをお持ち帰りしたと報じられていた。

クラブでのジャスティンの振る舞いについて、関係者は「ジャスティンは取り巻きを引き連れてクラブ中を歩きまわっていました。上半身裸で、女の子たちを目を配らせながらね」とゴシップ誌「スターマガジン」に明かしている。

その場には俳優のレオナルド・ディカプリオもいたようで、ジャスティンはレオナルドが座る席までの道をボディガードに空けさせたのだという。目撃者はその時の様子について、「ジャスティンは笑顔を向けながらレオナルドのほうへ向かいました。しかし、レオナルドは、首を振って『ノー』と反応して、退けてしまいました。レオナルドは、ジャスティンのことをおバカだと思ったようです」と語っている。【橋本 トミオ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング