キム・カーダシアンが彼女をバカ呼ばわりした俳優に反論

ハリウッドニュース / 2012年3月13日 10時45分

ほかのセレブから批判されることが多いキム・カーダシアン (c)Hollywood News

人気セレブのキム・カーダシアンが、雑誌のインタビューで彼女とパリス・ヒルトンをバカ呼ばわりしたドラマ「マッドメン」の俳優ジョン・ハムに対して、ツイッターで反論した。

ジョンはイギリス版「エル」誌に、「パリス・ヒルトンやキム・カーダシアンのような、バカであることが祝福される世界なんだ。ファ○キンなバカであることが、この文化では大金を生むビジネスになるんだ」と語ったのであった。

キムはそのジョンの発言に対して自身のツイッターに、「私はジョン・ハムがインタビューで私についてコメントしたことを知ったばかりです。私はジョンを尊敬しているし、だれもが意見を持つことができ、全ての人間が同じ人生を送っているわけではないということを理解しています。しかし、ビジネスを経営し、成功しているテレビ番組を持ち、プロデュースをし、執筆をし、デザインをし、クリエイトしている人間を『バカ』と呼ぶのは、私は軽卒だと思います」と書き、反論をした。

キムは過去にも、『007』シリーズでジェームズ・ボンドを演じる俳優ダニエル・クレイグに、インタビューでバカ呼ばわりされたことがあった。ジョンやダニエルは、リアリティーテレビによって私生活を売ることで大金を稼ぐキムのような存在を理解できないと思っているようだが、キムは一生懸命仕事をしているだけであり、そのようなことを言われる筋合いは無いと考えているのだろう。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング