エマ・ロバーツ、実在の強盗事件を描いた作品に出演

ハリウッドニュース / 2012年3月13日 12時40分

強盗犯に恋するウェイトレスを演じるエマ・ロバーツ (c)Hollywood News

『バレンタイン・デー』(10)の若手女優エマ・ロバーツが、実際に起きた強盗事件をモチーフにした『Empire State』(原題)に出演することが決まった。

エマは今作で『マイティ・ソー』(11)のクリス・ヘムズワースの弟のリアム・ヘムズワース演じる強盗犯に、恋をしてしまうウェイトレス役を演じるとのことだ。

その犯行を妨害しようとするニューヨーク市警の警部役を『ワイルド・スピード MEGA MAX』(11)のドウェイン・ジョンソンが演じる。

そんなエマは、今現在『2012』(09)のジョン・キューザックと共演するインディーズのコメディー映画『Adult World』(原題)の撮影中らしく、『Empire State』(原題)は今春にもクランクインする予定だ。

有名俳優が脇を固めている今作で、若手女優のエマはどんな演技を見せてくれるのか非常に楽しみだ。【西成 ダイゴ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング