18名の究極のオールスター・キャスト集結!『X-MEN』最新作、NYプレミア

ハリウッドニュース / 2014年5月13日 6時5分

18名のオールスターキャスト集結!『X-MEN』NYプレミア (c) 2014 Twentieth Century Fox

今世紀最大の超大作『X-MEN:フューチャー&パスト』(5月30日日本公開)のニューヨーク・グローバル・プレミアが、現地時間10日に開催された。会場には18名の豪華キャストと2000人の熱狂的な『X-MEN』ファンが集結した。

今夏最大のメガヒットが確実視されている本作は、製作費、キャステイング、ストーリーとどこをとっても規格外。そして、本プレミアもまた規格外の規模で開催された。
ミスティークを演じたオスカー女優ジェニファー・ローレンスが「(今夜の規模は)今まで経験したことがない」と語るように、まず会場が規格外。現地ジャーナリストが「映画のプレミアが行われたという記憶がない」という会場はジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンションセンター。1986年の竣工当時はもちろん、現在でも6万平米以上(サッカーグラウンド約8.6面分)の展示スペースを誇る東海岸屈指の超大型コンベンションセンターだ。

さらに、ファン・サービスも規格外。通常、NYでのプレミアではファンはレッド・カーペットを遠巻きに見るだけ。しかし、この日2階に設営されたのはマスコミ用とファン用の各100メートルの“Wブラック・カーペット”。ヒュー・ジャックマン、ジェニファー・ローレンスらが率先してファン・サービスを行い、ファンのヴォルテージはMAXに。取材マスコミの数も規格外で、世界各国から60媒体以上がこのプレミアに参加。マスコミ総数は300名以上に達した。

そして最大の規格外は、勢ぞろいした豪華オールスター・キャストたち。ヒュー・ジャックマン、ジェニファー・ローレンス、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、パトリック・スチュワート、エレン・ペイジら総勢18名のメイン・キャストに加え、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マーズデンなどの旧三部作のメイン・キャストも登場。ファンの大きな喝采を浴びた。

現地時間19時にスタートしたブラック・カーペットイベントの後、同コンベンションセンター内で行われたグローバル・プレミアでは、スタッフ&キャストが一同に会しての舞台挨拶を行い、今世紀最大の規模のイベントを締めくくった。この日のプレミアを皮切りに、本作PRの為のグローバル・ツアーを開始。今月27日には、東京・六本木で開催されるジャパン・プレミアの為、ヒュー・ジャックマンが来日する予定だ。

■『X-MEN:フューチャー&パスト』
5月30日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
オフィシャルサイト:http://www.foxmovies.jp/xmen/
facebook:https://www.facebook.com/XmenMovies.Japan
twitter:https://twitter.com/XmenMovieJP
配給:20世紀フォックス映画
(c) 2014 Twentieth Century Fox 【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング