ジェシカ・シンプソン、生後4か月の娘にビキニを着せて大批判される

ハリウッドニュース / 2012年9月13日 10時45分

トーク番組に出演したジェシカ・シンプソン (c)Hollywood News

歌手のジェシカ・シンプソンが、生後4か月の娘にビキニを着せたことで大批判されている。

ジェシカは今年5月に婚約者で元NFL選手のエリック・ジョンソンとの間に第1子となるマクスウェル・ドリューちゃんを出産し、今月10日にケイティ・クーリックが司会のトーク番組に産後初めて出演し、愛娘のビキニ姿を披露した。

写真で紹介されたマクスウェル・ドリューちゃんは黄色のビキニを着ていて、ジェシカは「ポーズもしているのよ」ととてもご機嫌な様子で語っていた。しかし、この番組を見た子供をサポートするイギリスの団体「キッズケープ」のディレクターのクロード・ナイツ氏は、「赤ん坊がビキニを着て世界に紹介されるのを見るのは不快です」と話していると「ザ・サン」紙は伝えている。

さらに「有名人は大きな影響を与えます。彼らの身に着けるものや行動は多くの人によってマネされるのです」と語り、赤ん坊がビキニを着ることは不適切で、幼少期にそういった経験をさせることは性的な影響を与えると主張している。

また、ツイッターではジェシカが娘にビキニを着せたことについて、「これは間違っている」「最悪だ。かわいそう」と批判のコメントもされているが、「間違っていない」「可愛い」という声もある。

娘が可愛いと思ってジェシカはビキニを着せたのだろうが、それが大きな批判を浴びることになってしまった。彼女はこのことについて今後何かコメントをするのだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング