ジャスティン・ビーバー、200個の願いを叶えた初めての歌手に

ハリウッドニュース / 2013年8月14日 11時30分

子供好きなジャスティン・ビーバー (c)Hollywood News

19歳の歌手のジャスティン・ビーバーが、レコーディングアーティストとして初めて200個の願いを叶えたことが分かった。

「メイク・ア・ウィッシュ」とは難病と闘う子供たちのために願いを叶える活動をしているボランティア団体で、ジャスティンは先日200個目の願いを叶えたとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えている。

ジャスティンは先日、彼が大好きだという8歳のアナリシャ・ブラウン=ラファンナンちゃんに会い、抱き上げてハグをした。アナリシャちゃんはあらかじめメモしてきた紙を見ながら、ジャスティンに質問を始めた。ジャスティンは一番好きな旅行先はどこかと聞かれると、「僕は日本が好きなんだ。日本はすごく文化がクールで、人々がとてもリスペクトしてくれるんだ」と答えたのである。

さらにジャスティンはアナリシャちゃんに「君の初めてのキスの相手になってもいい?」と聞いて、ほっぺにキスをした。そして、アナリシャちゃんの最後の質問になると、彼女は指輪を持ってジャスティンに、「結婚してくれませんか?」と尋ねた。ジャスティンは「僕がそれを聞くべきだよ」と言って、ひざまずいて、「僕と結婚してくれますか?」とプロポーズした。アナリシャちゃんは笑顔で首を縦に振ったのである。

ジャスティンは音楽活動で忙しい中、多くの子供たちをこれまで笑顔にしてきた。彼はこれからもたくさんの願いを叶えていくだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング