ケシャ、自分の尿を飲んだとワイルドな私生活を明かす

ハリウッドニュース / 2013年2月14日 17時45分

私生活がワイルドなケシャ (c)Hollywood News

歌手のケシャが、自身の尿を飲んだ体験について語った。

ケシャは米ケーブルテレビMTVにて自身の私生活やレコーディング風景の収録されているドキュメンタリーシリーズ「Kesha:My Crazy Beautiful Life」を今年の4月からスタートさせる。このシリーズはケシャの兄で映画製作者のラガン・セバートが手掛けている。

そんなケシャはBBCラジオ1の番組で「彼(ラガン)はみんなが見たいようなものから見たくないようなものまで撮ったわよ。私が男たちとキスをするところや、自分のおしっこを飲むところ、ビルからジャンプするところ、飛行機からジャンプするところ、サメと泳いでいるところとかね」と語った。

尿を飲んだことについて聞かれると、ケシャは「私は自分のおしっこを飲むと(健康に)良いって聞いたの。健康的になろうとしていたのよ。誰かが私のおしっこを取り上げようとして、私は『これは私のよ!』って言って、強奪して、一気飲みしたわ。気持ち悪かったから、もう飲まないけどね」と明らかにしている。尿を飲むという尿療法は健康に良いと言われているが、科学的に効果があるかは解明されていない。

また、「私のファンは素晴らしいわ。でも、私の周りにいる人々は『あなた、うざい!』とか『ズボンを履いて!』とか『遅刻!』とか、『あなた変な匂いがする、何この匂い? 浮浪者みたい』って言うのよ。前に誰かが私はおむつの上にいるエビみたいな匂いがするって言ったの。私はおむつの上のエビの匂いが少しするような香水を作ろうかと思ったけど、人々がそんな匂いつけたいか分からないわね」と話した。

ケシャの私生活はかなり派手なようで、視聴者がびっくりするような彼女の姿が見られるようだ。尿を飲む場面も含めて、すべてのエピソードに目が離せなさそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング