ジャスティン・ビーバー、乱闘事件のことで事情聴取へ?

ハリウッドニュース / 2012年6月14日 22時20分

乱闘事件当日のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス (c)Hollywood News

歌手のジャスティン・ビーバーが、先月27日にパパラッチともみ合いになり、そのことで事情聴取される可能性があるという。

ジャスティンはその日、恋人で女優・歌手のセレーナ・ゴメスとカリフォルニア州のショッピングモールでデートをしていたが、1人のパパラッチに車に乗るのをブロックされ、モールから立ち去れなくされたことから乱闘が始まった。2人は警察が来る前に現場を立ち去っており、そのパパラッチは胸の痛みを訴え病院に行ったが大事には至っていない。

その後ジャスティンは、ニューアルバム「ビリーヴ」のプロモーションのために海外を飛び回っており、アメリカ国内にいないため、警察は事件の詳細を彼に聞くことができていない。そのため、ジャスティンがアメリカに戻ってきたときに、事情聴取するというのだ。

この事件を客観的に見たある弁護士は、現地時間13日にニュース番組「FOXニュース」で、「彼は間違いなく事情聴取されるでしょう。これはメディアの関心がかなり高い事件ですからね。警察はかなり綿密な調査をするに違いありません」と話した。

また、「警察がこの事件を終わりにするか、ジャスティンを起訴するかは、彼の言い分を聞く必要があるのです。現在あるだけの証拠だけでは、告発できないのですよ」とコメントした。

ジャスティン側はコメントを避けているようだが、ロサンゼルス市警はまだこの事件を調査していると明らかにしている。この事件の行方はジャスティンがアメリカに戻ってきてからさらなる動きがありそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング