ニコール・シャージンガー、「ヤリマンだったらもっと成功していた」と発言

ハリウッドニュース / 2013年3月14日 10時30分

元プッシーキャット・ドールズのリードシンガーであるニコール・シャージンガー (c)Hollywood News

元プッシーキャット・ドールズのリードシンガーであったニコール・シャージンガーが雑誌のインタビューで、「ヤリマンだったらもっと成功していた」と発言したことが話題になっている。

現在34歳のニコールは、プッシーキャット・ドールズに所属していた時に大胆でセクシーな女性歌手というイメージを持たれていたのだが、実際はおしとやかな女性のようだ。彼女は英インディペンデント紙の取材に答え、「私の家族は厳格な宗教信者なの。私の祖父は神父なのよ。家族が私の仕事をサポートしてくれているから、私はがんばれているの」と語り、「正直に言うと、もし私がもっとヤリマンだったら、もっと成功していたわ」と発言した。

さらに彼女は、「成功するためには、自分の魂を悪魔に売らないといけないのよ。だから私はまだトップレベルの成功を収めていないのだと思う。トニー賞や、グラミー賞や、アカデミー賞を私はなぜまだ勝ち取れていないの?」と話し、エンタメ業界で成功するのは本当に難しいと主張していた。

ニコールは2003年にプッシーキャット・ドールズに加入し、様々なヒット曲を飛ばしたが、2010年に同グループを脱退した。彼女は自分がまだ成功していないと語るが、歌手としての才能にあふれる彼女はソロ歌手としても活躍していくにちがいない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング