ヒュー・ジャックマン、皮膚がんがもっと再発するかもしれないと語る

ハリウッドニュース / 2014年5月14日 17時30分

皮膚がんの摘出をしたあとでバンドエイドを貼ってレッドカーペットに登場したヒュー・ジャックマン (c)Imagecollect.

オーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマンが、皮膚がんについて語った。

ヒューは昨年11月に鼻の皮膚がんの摘出手術を受けたことを明かしたが、今月9日に再び皮膚がんを摘出したことを報告していた。

そんなヒューは現地時間13日に中国の北京で行われた映画『X-MEN:フューチャー&パスト』(5月30日日本公開)のプレミアに出席。鼻にはバンドメイドをしていた。ヒューは皮膚がんについて、「AP通信」に「僕は未来について現実的だよ。少なくとももう1回はあると思う。でも、たぶんもっとたくさんかな。それはオーストラリアで育ったイギリス人の家系のオーストラリア人には珍しいことではないんだ。日焼け止めを塗れなんて言われたのは覚えていないよ」と語っており、皮膚がんが再び再発する可能性があることを覚悟しているようだ。また、ヒューは皮膚がんは防げることであり、定期的な検査が大切だと明かしている。

ヒューは今月27日に都内で行われる同映画のジャパン・プレミアのために来日する予定。強く生きる彼の素晴らしい笑顔が見られることをたのしみにしたい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング