プレイボーイ創業者ヒュー・へフナーの息子が彼女にDVで逮捕

ハリウッドニュース / 2012年2月15日 11時30分

家庭内暴力の加害者と被害者になったマーストン・へフナーとクレア・シンクレア (c)Hollywood News

「プレイボーイ」誌の創業者ヒュー・へフナー氏の21歳の息子であるマーストン・へフナー容疑者がアメリカ時間2月12日に、プレイメイト(ヌードモデル)として活躍する恋人に対して家庭内暴力をふるい、警察に逮捕された。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ヘフナー容疑者はパサデナにある自宅で、2011年に「プレイメイト・オブ・ザ・イヤー」に輝いたことがある20歳の彼女クレア・シンクレアと口論になり、彼女に暴力を加えたようだ。警察が現場にかけつけると、顔や体にあざがあるクレアが彼によって顔を殴られ、腹を蹴られ、外に出ることを禁止されたと訴えた。クレアから連絡を受けた彼女の家族が警察に通報したという。ヘフナー容疑者は家庭内暴力の疑いでその場で逮捕され、その数時間後に2万ドル(約157万円)の保釈金を払って釈放された。

その後、クレアは同サイトのインタビューに答え、ヘフナー容疑者から過去に数回、暴力をふるわれていたということを明らかにした。クレアは、「私は家庭内暴力を許せません。でも、この悪い経験から、少しでも良いことが起きるのならば、私は前に進むことができるでしょう。だから、彼が過去に私に対して身体的な暴力を加えたことについて公に謝罪し、彼の怒りをコントロールするために精神科の助けを受けてくれるのなら、私は彼を訴えません」と語った。

ヘフナー容疑者の父であるヒュー・ヘフナー氏は、「もし2人がお互いのことを気にかけているのなら、彼らは仲直りをするだろう」と、公式声明文でコメントを残した。しかし、2010年の8月から交際を始め、くっついたりはなれたりの関係だというヘフナー容疑者とクレアは、はたしてまだ付き合いを続けるべきなのだろうか? もうこのような事件が起きないように、彼がしかるべき人間から助けを受け、更生することを望みたい。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング