サイモン・ベイカー、ハリウッド殿堂入りに涙

ハリウッドニュース / 2013年2月15日 10時5分

サイモン・ベイカー、ハリウッドに栄光を残す (c)Hollywood News

映画『リング2』(05)やテレビドラマ「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」のオーストラリア人俳優であるサイモン・ベイカーが、現地時間14日にハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」は有名な観光地で、ハリウッドで活躍する人々にとって名前を刻むことはとても名誉なことである。

サイモンは式典で「ここを歩いて、たくさんの名前を見た時に、僕の名前が残されるなんて思わなかったよ。そうなることなんて想像もつかなかったね。僕にとってとても友人は大切な存在なんだ。君たちがどれだけ僕にインスピレーションをくれたかきっと分からないよ」と言って涙ぐみ、鼻をすすった。

さらに「僕の人生で最も大切な出来事になったのは彼女と結婚したことだよ」と話した。サイモンは妻で女優のレベッカ・リグと結婚しており、彼女と3人の子供たちも式典に出席した。

また、『リング2』で共演した女優のナオミ・ワッツと「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」の共演者のロビン・タニーも出席している。

現在43歳のサイモンは、多くの人々に支えられてハリウッドの殿堂入りを果たしたことに感極まったようだ。彼は今後もハリウッドに素晴らしい業績を残していくだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング