アデル、産後初めて息子について語る

ハリウッドニュース / 2013年1月15日 16時45分

アデル、出産後は「疲れた」 (c)Hollywood News

歌手のアデルが、産後初めて息子について語った。

アデルは昨年10月に経営者のサイモン・カネッキ氏との間に男の子を出産。その後は名前などの詳細は明らかにされていない。

そんなアデルは現地時間12日に行われた第70回ゴールデングローブ賞の授賞式に出席し、映画『007 スカイフォール』(現在公開中)の主題歌「スカイフォール」で主題歌賞を受賞した。

産後初めて公の場に姿を現したアデルに多くの人が注目した。彼女は受賞後のバックステージで、「私はとても疲れているの。それが(母親になって)変わったことね。私は沸騰したボトルで湿疹ができたの。息子の名前は明かさないわ。私にとってはとてもプライベートなことよ。彼との時間をたのしんでいるわ」とコメントしたとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えている。

また、アデルは「今夜は子供を授かってから初めて外に出たわね。私の(音楽の)インスピレーションは通常失恋から来るものよ。でも、また辛い思いをすることはないわね」と話している。

世界中で大ヒットしている2011年のアルバム「21」は、アデルの辛い失恋ソングが収録されている。息子ができてとてもハッピーな彼女は今後、幸せな曲を届けてくれるだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング