グウィネス・パルトローら、自身をオークションに出品して義援金を集める

ハリウッドニュース / 2012年11月15日 15時15分

グウィネス・パルトロー、ハリケーン「サンディ」の義援金集めに協力 (c)Hollywood News

『アイアンマン』シリーズの女優グウィネス・パルトローらが、自分自身と会える権利をオークションに出品し、ハリケーン「サンディ」の義援金を集めることが分かった。

このオークションは、北アメリカのファッションデザイナーたちの非営利団体CFDAとファッション誌「ヴォーグ」が共同して、アメリカ東海岸を襲った大型ハリケーン「サンディ」のチャリティー企画「FASHION FOR SANDY RELIEF」として行うものである。

料理番組「Spain. . . On The Road Again」(原題)で共演しているグウィネスと料理人マリオ・バターリは、ニューヨークで一緒にランチができる権利をオークションサイト「チャリティー・バズ」に出品した。現在5000ドル(約40万円)以上の値が入札されており、2万5000ドル(約200万円)で落札されるものと見られている。また、モデルのアレッサンドラ・アンブロジオはニューヨークのヴォーグのオフィスで彼女に会えるという権利を出品。こちらは5000ドル(約40万円)で落札されると見られている。

さらにヴォーグ誌からは、編集長のアナ・ウィンターとファッション・ショーに出席し、「ヴォーグ」のオフィスのツアーをしてカフェでランチをし、「ヴォーグ」のグッズを持ち帰れるというオークションが出品されている。そのほか7品もオークションにかけられており、これらのオークションで得た利益は「Mayor’s Fund to Advance New York City」などの多くのチャリティー団体にハリケーン「サンディ」の義援金として寄付される。オークションは来月の現地時間5日に終了する。

ファッションの中心としても有名なニューヨークも今回のハリケーンで大きな被害が出た。ファッション界ならではの方法で義援金をつのり、支援したいと考えたのだろう。高額で落札されて多くの義援金が集まることを期待したい。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング