サーフ・ミュージック・シーンの革命児、ジャック・ジョンソンがライブ・アルバムを発売

ハリウッドニュース / 2012年4月16日 14時30分

ライブ・アルバムを発売するジャック・ジョンソン

2004年のフジロック・フェスティバルでトリを務め、日本でも幅広い年齢層から支持されているジャック・ジョンソン。そんな彼が主催し、過去に6度行われたチャリティー・コンサート「コクア・フェスティバル」から、厳選された音源を収録したライブ・アルバム「BEST OF KOKUA FESTIVAL」が4月18日に日本国内で発売される。

同アルバムにはジャックが多数のゲスト・アーティストと共に演奏してきた楽曲や、多彩なカバー曲などが収録されており、中でもレゲエアーティストのボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの「High Tide Or Low Tide」、ボブ・ディランの「I Shall Be Released」のカバーは、オリジナルに勝るとも劣らない聞きごたえのある楽曲だ。

アコースティック・ギターによる心地よいサウンドでサーフ・ミュージック・シーンに新風を巻き起こしたジャック。彼は過去10年間で5枚のアルバムをリリースし、世界中で2000万枚以上を売り上げている。2005年に発売した3枚目のアルバム「In Between Dreams」は、イギリスとオーストラリアの音楽チャートで1位を獲得し、アメリカ以外の国でも高い評価を得ている。

環境保護などの慈善事業にも精力的に取り組み、幅広いジャンルのアーティストたちとのつながりを持つ彼の集大成ともいえる今作は、聞きごたえのある作品に仕上がっている。

●ジャック・ジョンソン&フレンズ「BEST OF KOKUA FESTIVAL」
4月18日発売 
価格:2548円(税込)
品番:UICU-1220
日本盤ボーナス・トラック1曲収録【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング