リアーナ、バレンタインデーのお供はクリス・ブラウンではなく大麻

ハリウッドニュース / 2013年2月16日 10時20分

バレンタインデーにナイトクラブにやって来たリアーナ (c)Hollywood News

歌手のリアーナがバレンタインデーに現在の恋人であるR&B歌手クリス・ブラウンと過ごさなかったことが話題になっている。

「USウィークリー」によると、24歳のリアーナはアメリカ時間2月13日にハリウッドにあるナイトクラブ「プレイハウス」に友達たちと遊びに行ったようだ。彼女の恋人である23歳のクリスも彼の友達たちと共に同クラブに登場したようだが、2人はお互いを無視していたのだという。目撃者は同誌に「リアーナはクリスの近くにいきたくないようでした」と語った。結局、2人はクラブ内で一度も話をすることなく、別々に帰ったらしい。

リアーナはバレンタインデーであったアメリカ時間2月14日にもハリウッドにあるナイトクラブ「Blok」で友達たちと遊んだようだが、そこにはクリスはいなかったのだという。結局、バレンタインデーにクリスと一緒にいるところを目撃されなかったリアーナだが、誰かからギフトをもらい、幸せだということを強調していた。彼女は自身のツイッターに、「緑色のバラよ! 誰かが私をハッピーにさせる方法を知っているわ」というコメントと共に、大量の大麻を手に持つ写真を投稿したのだ。

アメリカ時間2月10日に行われたグラミー賞授賞式では隣同士に座って熱々な様子を見せていたリアーナとクリスだが、もしかするとけんかしてしまったのかもしれない。それにしても、2人の恋愛はまだ不安定のようだが、彼女の大麻への愛は相変わらずのようである。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング