アイラ・フィッシャー、夫サシャ・バロン・コーエンの娘に間違えられたと語る

ハリウッドニュース / 2013年5月16日 21時5分

夫婦のサシャ・バロン・コーエンとアイラ・フィッシャー (c)Hollywood News

映画『お買いもの中毒な私!』(09)や『華麗なるギャツビー』(6月14日日本公開)の女優アイラ・フィッシャーが、夫で俳優のサシャ・バロン・コーエンの娘に間違えられたことがあると語った。

オーストラリア出身の37歳のアイラは、ファッション誌「スタイリスト」に、「私が初めてハリウッドに来た時に、私はサシャと『ロスト・イン・トランスレーション』の大きなパーティーに行ったの」と話し始めた。

そして、「ある女性が私のところに来て、コリーンって自分のことを紹介してくれたわ。それで私に『私と一緒に来て、あなたに見せたいものがあるわ』って言ってきたの。私は『オーマイゴッド、たのしみだわ』って思ったわ」「それで彼女は私をサシャから離して連れて行ったの。あるドアを開けたら、子供が好きなポスターに囲まれたピンクの部屋があったわ。14歳くらいの女の子のグループがいたの。彼女は『みんな、サシャの娘よ』って言って、私にソフトドリンクを飲みたいか聞いてきたわ。もっとメイクをしておけばよかったわね」と明かしている。

アイラはきっとかなり恥ずかしい思いをしたに違いない。アイラを子供と間違えてしまったコリーンさんの必死に謝る姿が目に浮かぶようだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング