コロラド州映画館銃乱射事件の犯人が自殺未遂

ハリウッドニュース / 2012年11月16日 14時25分

9月に法廷に現れた時のジェームズ・ホームズ容疑者 (c)Hollywood News

コロラド州オーロラにある映画館で銃乱射事件を起こした24歳のジェームズ・イーガン・ホームズ容疑者が、拘置所で自殺未遂をしたことが明らかになった。

ゴシップサイト「TMZ」によると、ジェームズはアメリカ時間11月13日に自殺をするために刑務所の牢屋の壁に頭から激突して、負傷したという。さらに彼は牢屋のベッドに立ち、自分の頭蓋骨をかち割るために、そのまま後ろに倒れたようだ。彼は病院に入院したが、これらの行為によってできた傷は、命にかかわるものではなかったと言われている。現在彼は病院から退院している。

ジェームズはアメリカ時間7月20日に、バットマンの最新作『ダークナイト ライジング』(12)を上映している映画館の館内に侵入し、銃を乱射。その結果、12人が死亡し、58人の負傷者を出した。

数多くの人間の命を一瞬にして奪ったジェームズ。はたして彼の心に償いの念はあるのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング